読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

natutouのアレ

身の回りの事、趣味とか

本質記事 「ジャンチキの食し方」

 どうも、natutouです。

今回の記事は前回までの記事と違い、大変有用な記事である。

 ところで皆さん、ジャンボチキンカツ、通称「ジャンチキ」をご存知だろうか。

山口大学から徒歩数分のところにある「ほらふき男爵」という店の大大大人気メニュー、それが「ジャンチキ」である。

https://goo.gl/maps/VYwKaiBbW1K2

(ほらふき男爵の地図)

 このジャンチキ、名前に負けない、いやそれ以上の大きさを持っており、一般成人男性でも完食できない場合が多々ある。13人で頼むとこんな感じ。

f:id:natutou:20160614235004p:plain

「こんなん食えんやろ・・・」と思っている人が多そうなので、今回は僕なりの食べ方を書き記そうと思う。

1.腹を空かせる

僕はある程度空いてればいつでも完食できるが、多分これをやっとかないと早々に死ぬ。

2.料理が来たら、即食べ始める

写真は撮っていいけど冷めるからなるべく早く。注意としてこの時にデカいブロックの肉、端っこの肉を先に食べておくといい。(後に残ると油が辛い、口が開かない、消化しきれない為)

3.辛子を見つける

外から食べていくと辛子が見つかる。味に飽きたときのアクセントになるので重要。

4.ご飯もバランスよく食べる

ご飯の量は肉より少ないが、先に食べとかないと残った時に大変。

5.水を最大限利用する

冷たいものは口をクールダウンさせる。肉が冷えたときに飲んでも油と味を薄めるだけだけど・・・

6.味噌汁は最大限残しておく

水が効かなくなった時(肉が冷えた時)、口の中をリフレッシュするのに役立つ。

よく例えとして出すのは「水はガソリン、味噌汁はオアシス」。水はガンガン足せて食べるのを助ける。味噌汁は休憩できる。

7.キャベツは一番最後

実は肉の下に薄くキャベツが敷いてある。

8.味を変えてみる

実は試したことが無いのだが、マヨネーズなど味付けに使うものが置いてあるので試してみる。ただし油の量は増える。

9.箸を置かない、スマホを弄らない

止まったら食べる気が一気に失せる。ラスト4~5切れの時は特に。案外これが重要。

10.時間を掛ける

最終手段。どうしても完食したいときに。

 

山口に来たら是非ジャンチキを食べてみよう!

さあ君もジャンチキを完食だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(どうしても食べきれない場合はお店に言うとタッパ―が貰えるので素直に貰いましょう、無理は禁物です。)